AKB48 女性芸能人 気になるにゅーす

岩佐美咲 元AKB48 卒業! 演歌歌手? 恋愛? 引退?

投稿日:

今日もAKB48関連のニュースをお届けです!!

 

とりわけ卒業生に関して!!

過去に48グループ在籍し卒業したメンバー、何らかの事情で活動辞退となったメンバー、

「元AKB」の肩書きで出演したりエンタメ情報を賑わせる姿を見かけますね!!!!

AKB48メンバー・岩佐美咲が卒業しました!!!!!

岩佐 卒業

 

AKB48メンバーで在籍時より演歌歌手として活動する岩佐美咲さん、

20161月30日、

「私、岩佐美咲はAKBを卒業します。演歌の道一本でやっていきます」との宣言を発し、

東京都の浅草公会堂にてAKB48からの卒業を発表しましたが、

2016年3月14日に開催のAKB48専用劇場での劇場公演を以て卒業果たしました!!!

 

厳密に申しますと、

5月21日、AKB48の42ndシングル『唇にBe My Baby』劇場盤発売記念大握手会参加をもって、

AKB48としての活動を終了する予定となっています。

 

気になる今後は?????

 

今後は演歌歌手1本に絞り活動を行う決意・方針とのことです!!!

これは2016年4月21日付け発売の写真週刊誌『週刊実話』に掲載のもの。

AKB48メンバーとして異彩を放った岩佐美咲さん。

2015年4月7日付け発売の写真週刊誌『女性自身』は彼女へインタビュー取材し、

ソロ演歌歌手になること、その心境をを報じています!!!!!

 

以下、インタビュー。

「ソロでお仕事をさせてもらっているうちに、

“演歌歌手・岩佐美咲”としていただけるお仕事をもっと頑張りたいな、という気持ちが芽生えてきて卒業を決意しました。」

「先に卒業したメンバーがそれぞれやりたいことに向けて頑張っている姿も、すごく刺激になりましたね。」

「AKBには7年間もいたので、なんだかまだ実感が湧かないです。

可愛い衣装を着て歌って踊る、そんなアイドルがもうやれないと思うと寂しい。」

「でも今は、これからが楽しみな気持ちの方が大きいですし、いろんな事がやりたくてワクワクしています。」

 

以下は一問一答形式で!!!

――山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよしら人気歌手を擁する長良プロダクションに所属。

毎年恒例の大会場でのイベント『長良グループ演歌まつり』の舞台にも立った。

「AKBのステージは、ファンの皆さんが盛り上げてくれて、すごく反応が分かりやすいんです。」

「でも『演歌まつり』は、お客様は私のことをあまり知らない方ばかりで、

私の歌も未熟だし、AKBの時とは全く反応が違う。だから、最初は歌うのがすごく怖かったです。」

「でもだんだんと、お1人、お1人の顔をちゃんと見られるようになってホッとしました。」

 

――初のソロコンサートはチケットも完売し大成功。安定した歌唱で表情にも余裕が見られ、成長を見せた。

「デビューした時と比べたら、歌唱力は確実に成長していると思います。最初がとにかく下手だったので(笑)。」

「トークも、司会の人をつけずに自分ですべて進行できるようになりましたし。」

「皆さんの前で歌ってその場でCDを買っていただくキャンペーン活動は、AKBでは経験できなかったこと。

大変な面もありますけど、皆さんが一枚一枚買ってくださっていることを実感できるのはすごくうれしいです。」

 

――さて、演歌歌手として新たな一歩を踏み出す今の気持ちは?

「不安は挙げたらキリがありません。でも、卒業を決断できた自分がちょっと好きになれたんですよね。」

「いい意味でも悪い意味でもAKBにいることに慣れてしまっていた。

厳しい場所に自分の身を置くことで、向上心を取り戻したかったんです。」

「もっと歌を磨いて、演歌が好きな皆さんにも『若い子でもこんなに演歌を歌えるんだ、意外とやるじゃないか』と思ってもらえるように頑張ります!」

 

――AKBの恋愛禁止ルールから解放され、経験を積んで歌に生かすためにも、今後は積極的に恋愛を?

「いや、そんな急に切り替えて、“ヤッホー、恋愛するぞー!”という気持ちにはならないですよ(笑)。」

 

ここで、大雑把にですが岩佐美咲さんの紹介を!!!

岩佐美咲

岩佐美咲 公式

名前:岩佐美咲(いわさ みさき)

ニックネーム:わさみん

合格期:7期生

2008年に加入。

シングル選抜の来歴は残念ながらないが、

シングル楽曲『RIVER』をはじめ『ヘビーローテーション』『真夏のSounds good !』などの収録曲アンダーとしての活躍多数。

AKB48派生ユニット「渡り廊下走り隊7」には2010年6月30日に加入し活躍。

2010年10月「東京秋祭り」のゆるゆるカラオケ大会で『津軽海峡冬景色』を歌い優勝、一躍演歌で注目浴びる。

その後、2011年4月1日に大手芸能所属事務所「長良プロダクション」移籍。本格的に演歌歌手へ!!!

2012年2月1日1stソロシングル『無人駅』で演歌歌手としてデビュー飾る。

演歌歌手として2016年4月までに5枚のシングル楽曲をリリース!!!

岩佐美咲 長良プロダクション 公式

 

演歌歌手というステップアップについて!!!

 

このサイトで何度か説明したことあるかと思います!!!

実は、AKB48は「夢のショーケース」という隠れたコンセプトがあるんです。

AKB48の総合プロデューサーである秋元康氏が述べていますが、

「AKB48というアイドルグループは一つの通過点で、夢を実現させるステップ」です。

 

当初はの認識と違い、

今では48グループの所属こそが目的かつステータスの部分があります。

「いい意味でも悪い意味でもAKBにいることに慣れてしまっていた。」と、

わさみんが語るように現在はAKB48(あるいは48の文字)がブランドとして歩く現状です…

 

「夢のショーケース」という裏のコンセプトを

現在のAKB48をはじめとした48グループで体現している数少ないメンバーだと言えます!!!

 

現在、演歌の世界は群雄割拠と呼ぶにふさわしい分野であり、

“若手”“ホープ”とされる多くの期待を背負う者らが勢力を張り互いに覇を競い合う様相です!!!

芸能所属事務所 や レコード会社関連では“大御所”“ベテラン”たる演歌歌手同士のいわば“代理戦争”でもあったりしますが…

 

“若手”“ホープ”とされる演歌歌手には、

三山ひろしさん、山内惠介さん、走裕介さん、さくらまやさん などが鎬を削っています!!!

山内惠介さくらまや

岩佐美咲さんがこれらに食い込めるのか非常に気になるところです!!!!!

 

 

参照URL:

nikkansports.com>ホーム>芸能>AKB48>岩佐美咲がAKB卒業「演歌一本!!」時期は未定

http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1598822.html

 

WJN 週刊実話 weekly jitsuwa news>芸能>歌謡(うた)のマドンナ 第10回 岩佐美咲 アイドルから演歌の道へ…勇気の旅立ち 本当のスタート! 今、すごく燃えています

http://wjn.jp/article/detail/5835005/

 

唄栞 うたしるべ>HOME>特集>どハマり注意!?演歌・歌謡界のイケメン演歌歌手まとめ【若手男性演歌歌手】

どハマり注意!?演歌・歌謡界のイケメン演歌歌手まとめ【若手男性演歌歌手】

 

画像参照URL:

nikkansports.com>ホーム>芸能>AKB48>岩佐美咲がAKB卒業「演歌一本!!」時期は未定

http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1598822.html

 

エケペディア>AKB48メンバー一覧>現役メンバー>岩佐美咲

https://48pedia.org/%E5%B2%A9%E4%BD%90%E7%BE%8E%E5%92%B2

 

長良プロダクション>アーティスト>岩佐美咲

http://www.nagarapro.co.jp/top/artist/artist.php?id=36

 

ビクターエンタテインメント所属『山内 惠介』公式サイト『山内惠介 オフィシャルウェブサイト』>ディスコグラフィー

http://www.mitsui-ag.com/keisuke/discography/?num=n51

 

『さくらまや』公式ホームページ シンエイV

www.shinei-v.jp/sakuramaya/

 

こちらの記事もどうぞ!

-AKB48, 女性芸能人, 気になるにゅーす

Copyright© みなるニュース , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.