AKB48

AKB48新曲、前田 大島 篠田 板野が出演!!

更新日:

今日もAKB48関連の情報をお届け!!

 

AKB48の新作楽曲が発売されます!!!

『希望的リフレイン』ジャケット

 

AKB48の38thシングル『希望的リフレイン』のリリースが決定し、

そのMVの一部がShort.verとして公開されました。

 

楽曲『希望的リフレイン』は、

アイドルグループ・AKB48の38作目楽曲として2014年11月26日に発売されるもの。

「AKB48第6回選抜総選挙」を受けての選抜シングル『心のプラカード』に次ぐ新作で、

誰がセンターのポジションに立つのかなどが期待されるところ…

スポンサードリンク

そうしたなか、公開されたMVではある話題が…

 

元AKBの歴代センターメンバーが総出演です!!!!!

 

その元AKB48のメンバーとは、

前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美の4人!!!!!

 

前田敦子大島優子 最後の全国握手会

マリコさま(篠田麻里子)板野友美 写真

 

そもそも、

新作楽曲『希望的リフレイン』のMVは、

AKB48が結成された以降、センターを務めたことのあるメンバーが登場。

バトンとして2体の黄金マイク入りバッグを順々に手渡していき、

AKB48のこれまでの“センター継承”を表現するというものです。

 

この楽曲のセンターを担うのは、

渡辺麻友(AKB48)

宮脇咲良(HKT48/AKB48兼任)

のWセンターです。

 

そのために、

前田敦子(8th『桜の花びらたち2008』13th『言い訳Maybe』22nd『フライングゲット』などセンター楽曲多数)、

大島優子(17th『ヘビーローテーション』27th『ギンガムチェック』35th『前しか向かねえ』)、

篠田麻里子(24th『上からマリコ』)、

板野友美(31st『さよならクロール』)、

この4人が出演しているのです!!!

 

で、新作楽曲『希望的リフレイン』のMVの詳細な内容です。

 

2005年12月の結成から現在まで、リーダーであり総監督の高橋みなみからスタート。

高橋みなみ 『希望的リフレイン』

 

(“不動のセンター”前田敦子の以前は、高橋みなみが暫定的にセンターでした)

 

黄金マイク入りバッグを狙う謎の男性集団に追いかけられる高橋だが、

2012年8月27日卒業まで“不動のセンター”前田敦子にバッグを託す…

前田敦子 松井珠理奈 『希望的リフレイン』

 

その後、

松井珠理奈(10th『大声ダイヤモンド』28th『UZA』34th『鈴懸の木の道で~~』)、

島崎遥香(29th『永遠プレッシャー』)、

渡辺麻友(30th『So long!』)、

指原莉乃(32th『恋するフォーチュンクッキー』)、

小嶋陽菜(33th『ハート・エレキ』)

と現役メンバーのセンターを務めたことのある者がに黄金マイク入りバッグのバトンをリレー。

 

※注釈

センター楽曲について、

松井珠理奈の10th『大声ダイヤモンド』は前田敦子とのWセンター、

同じく松井珠理奈の28th『UZA』は大島優子とのWセンターである。

 

その途中、卒業生の大島優子、篠田麻里子、板野友美が登場し助け舟を出す…

大島優子 板野友美 『希望的リフレイン』

篠田麻里子 『希望的リフレイン』

 

そんなMVの設定です。

 

ちなみに…

本当の順番を超厳密に言うならば、

高橋みなみ → 前田敦子 → 大島優子 → 前田敦子 → 篠田麻里子 →

前田敦子 → 大島優子 → 松井珠理奈 → 島崎遥香 → 渡辺麻友 →

板野友美 → 指原莉乃 → 小嶋陽菜 → 松井珠理奈 → 大島優子 →

渡辺麻友 → 新作楽曲『希望的リフレイン』Wセンター・渡辺麻友&宮脇咲良

となります…

 

「AKBには10年近い歴史がある。それを支えてきた高橋みなみさんから始まる。」

「卒業生は現メンバーを支える最高の応援団。」

「新センターに、それぞれの時代を担ってきた顔が希望のたすきをつないでいく映像は、AKBのことをよく知らない人にも楽しんでいただけるのでは」

といった期待や新規ファンを獲得する狙いがMVには込められたようです。

 

筆者の思うところを少し!!!

 

上記にMVの関係者の言葉として

「卒業生は最高の応援団」と。

 

それによる、

あっちゃん(前田敦子)、優子(大島優子)、マリコさま(篠田麻里子)、ともちん(板野友美)の4人の出演!!!

 

しかしながら、

MVとしての企画性や話題性、卒業した有名メンバーの在籍時のインパクト、

あるいは 現役メンバーの独自性や存在感の欠落がこれで見受けられます!!!

 

“世代交代”を掲げる48グループは“次世代メンバー”が台頭していますが、

どんぐりの背比べの状態になっている感があります!!!

 

つまり、

突出して人気を集めるセンター的メンバーはおらず、

ファンを安定して獲得できる者がいない…

 

すなわちは、

卒業した元AKB48の有名メンバーの出演によって

話題性やCDセールスにつながる図式です。

 

 

兎にも角にもAKB48をはじめとした48グループの勢いはまだまだ止まらないようです!!!

 

参照URL:

オリコンスタイル>ホーム>ニュース>ニュース

http://www.oricon.co.jp/news/2043865/full/

 

エケペディア>AKB48卒業メンバー一覧

http://48pedia.org/AKB48%E5%8D%92%E6%A5%AD%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E4%B8%80%E8%A6%A7

 

エケペディア>AKB48ディスコグラフィー

http://48pedia.org/AKB48%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC

 

画像参照URL:

エケペディア>AKB48ディスコグラフィー>希望的リフレイン Type A<初回限定盤>

http://48pedia.org/%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E7%9A%84%E3%83%AA%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3

 

 

 

こちらの記事もどうぞ!

-AKB48

Copyright© みなるニュース , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.