AKB48

松井咲子 鈴木まりや Twitterでケンカ!? AKBで抗争勃発

更新日:

最近、

アイドルを含めた芸能人、番組プロデューサーなどTV関係者、

スポーツ選手やアーティスト、はたまた評論家や学者、政治家が

Facebook や TwitterなどSNSページを持ち投稿を行うことは珍しくなくなりました。

facebook ロゴTwitter ロゴ

 

特にアイドルは活動が多忙でありつつ、

プライベートの一部含めファンへ向けて投稿をすることが多いのではないでしょうか??

それが楽しみでその投稿を日々心待ちにしているファンも多いのでしょう。

スポンサードリンク

そのなか…

 

AKB48の松井咲子・鈴木まりやのケンカがTwitter上で勃発しました!!!!!

 

2014年8月17日、SNH48メンバーでありAKB48の兼任メンバーをつとめる鈴木まりや、

鈴木自身のTwitterアカウントにて、AKB48メンバーの松井咲子のTwitterを「ブロック」したとツイート。

これを受けて、

鈴木まりや と 松井咲子の両人のファン、AKB48をはじめとした48グループのファンからは、

鈴木と松井のあいだで何かトラブルが起こっているのだろうかという推測がなされました。

松井咲子 公式鈴木まりや 公式

 

また、

一部インターネットの書き込みでは、

「とうとうAKBでいじめが起きた」「AKBの抗争がはじまりー」などの声も多数。

 

しかし、

これは鈴木まりや と 松井咲子のおふざけだったとのことです!!!

松井も鈴木のツイートと違わぬころに、「まりやんぬにブロックされた!けど解除してくれた!からフォローし直した!でもミュートしてやった!」と投稿しています。

 

 

 

 

鈴木まりや と 松井咲子は、AKB48では大の仲良しとして知られている存在。

ともに、加入時期が7期生であり埼玉県の出身と共通点も多い。

「ブロック&ミュート遊び」の後も2人して2ショット写真をツイートしていて、

ファンからは「同期のじゃれあい面白すぎ!」「ホンマ仲がイイね」と、いじめ・抗争から一転して安堵の声。

 

Twitterの機能について少し説明しますね

 

「ブロック」というのがあります!!

利用者が多数のFacebookをつかって「ブロック」とは何なのか説明を進めます!!!

例えば、あなたのページ と 特定の誰か(仮にAさん)のページの関係を寸断したいとします…

その時に「ブロック」を行うと以下の作業がが不可能になります。

  • Aさんがあなたと友達になる
  • Aさんがあなたのタイムラインの投稿を閲覧する
  • Aさんがあなたをタグ付けする
  • Aさんがあなたをイベントやグループへ招待する
  • Aさんがあなたとチャット会話をする
もうすでに友達である場合、Aさんをブロックすると友達からも全自動で削除されるのです。

 

Twitterの場合、

相手から「ブロック」がされると、自分が相手に行っているフォローが強制的に解除され自分からのフォローはできなくなります。

このフォローできない状態では、相手のツイートのリツイート もしくは お気に入り登録すらできません!!

Twitterで相手の投稿をどうしてもみたいなら、何とかして相手に「ブロック」を外してもらうことが必要です。

 

ちなみに、

Twitterにおける「ミュート」とは特定のユーザーのツイートを非表示にする機能

こちらが一方的に閲覧不可にするもので、Facebookにはないものです。

 

 

そういえば、Twitter や FacebookなどSNSでは事件が多発していますね…

 

上記のAKB48では、

AKB48メンバーの高城亜樹さんがTwitterのなりすましによる不正ログイン被害に遭っていた騒動がありました!!!

これは自身がツイートすることで明らかになったのですが、

「今日はみちゃとSBの今宮選手と森選手と4人で食事したよ(*^^*)」という合コンとも解釈できる内容の偽ツイート!!!

AKB48は“恋愛禁止”という御法度があるだけに気が気じゃないでしょう…

これは後に、高城さんが所属するワタナベエンターテインメントの独自調査で、高城さんのアカウントのパスワードを知る取引先社員が、無断でパスワードを使って当該ツイートをしさらに削除していたと判明しました。

高城亜樹

 

最近では、大阪維新の会所属の山本景府議が「LINE府議」などと呼ばれ問題になってますね。

SNSの一つで無料通信アプリ・LINEのやりとりで中学生に恐怖を抱かせるメッセージを送ったとされる人物で、

中傷が書き込まれたと同時に、グループから外されたとの理由で書き込みを送信したという概要です。

議員であろう人物としてのモラルが問われると同時に、SNSによる“つながり”の怖さも浮き彫りになりました。

LINE府議

 

 

このように諸刃の剣でもあるSNSですが、

いろんな著名人の投稿とその返信は楽しみですし、アイドルのものであれば温かく見守っていきたいことろです。

こちらの記事もどうぞ!

-AKB48

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.