AKB48

イビサガールブーム NMB48配信曲と秋元康の仕掛け

更新日:

今回も、

モンスターアイドル・AKB48の関連のお話をしようかと思います。

 

AKB48をはじめとした48グループに関して、

現在じわじわと広がりを見せる現象が存在します!!!

 

ズバリ… 「イビサ」です!!!!!

 

2014年6月21日、大阪・難波のNMB48楽曲『イビサガール』が限定配信で発売されました。

当該楽曲は、

NMB48の9作目シングル『高嶺の林檎』から数か月ぶりにリリースするもので、

NMB48初の配信限定曲でありiTunes Storeにより2014年6月21日からの限定配信となっています!!!

 

2014年5月22日に大阪府大阪市西区にあるオリックス劇場で開催の「NMB48リクエストアワー セットリストベスト50 2014」で初披露。

つづいて2014年6月20日に人気音楽番組『ミュージック・ステーション』にて披露をしています。

NMB48『イビサガール』 「ミュージック・ステーション」

また、この楽曲での選抜メンバーがNMB48史上最多の22人ということも話題に。

選抜メンバーには、AKB48から移籍した梅田彩佳さん、AKB48/NMB48兼任の柏木由紀さんなど他48グループから移籍 あるいは 兼任メンバーも加わっています!!!

梅田彩佳 写真柏木由紀 公式

あなたの“推しメン”も含まれているかもしれません(#^.^#)

 

そもそも「イビサ」って何でしょう?????

スポンサードリンク

先ずはこんな声が聞こえてくることでしょう!!!

NMB48配信限定曲『イビサガール』の歌詞を見ていくと、

  • 青い海と太陽と 君がそこにいるだけで
    まるで地中海の写真 風を感じる
  • 沈む夕陽と潮風 君が振り返るだけで
    僕のスペインが見える あの日のように

のようにスペインと関係のある地名を指していると考えられますね!!!

事実、

「イビサ」はイビサ島のことであり、地中海のバレアレス諸島に属するスペイン領の島嶼です!!!

イビサ島は地中海において要所で、古代ローマ帝国、ビザンティン帝国、イスラム圏から常に支配権の争いが繰り広げられたという歴史を持ちます。

1999年にはUNESCOから文化遺産・自然遺産の両側面を持つとして複合遺産の世界遺産に登録されています。

イビサ島 地図イビサ島 夜景

 

音楽という観点では、

バレアリックと称される独特なダンスミュージックの文化 および それによるクラブシーンが1980年代終盤に注目を浴びています!!!!!

1990年代に突入するとヨーロッパ屈指のクラブシーンの島へと発展。

2000年をとうに過ぎた現在でも人気のある観光地となっています。

NMB48配信限定曲『イビサガール』の歌詞を見ても、

  • ちょっと気の早い クラブのミュージック

とあり『イビサガール』の場所はここで間違いありません。

 

イビサ島 クラブ

 

では、

どうして48グループで「イビサ島」が流行っているのでしょうか????

 

 

AKB48をはじめとした48グループでの「イビサ」ブーム、

その口火を切ったのは元AKB48メンバー・篠田麻里子さんだと言われています。

篠田麻里子 写真

 

マリコさまは今年2014年6月27日放送の日本テレビ系『アナザースカイ』にゲスト出演、

そこでのVTRのなかで一人でイビサ島を巡る旅をしています!!!

 

マリコさまは過去に日本テレビ系『アナザースカイ』のレギュラーリポーターを担当。

その時にゲストの要望というかたちで、およそ5年前にこのイビサ島を訪れているのです!!!!!

およそ5年前というと、

AKB48が爆発的なヒットを連発し出し、前年にはSKE48という姉妹グループも結成されたころでしょうか。

 

 

今回2014年6月27日放送の『アナザースカイ』での旅は、番組の企画とは関係のないものとして訪れています。

“当時を振り返る”設定もあり、

AKB48の無名の時代、そして爆発的なヒットを遂げた過渡期、さらには“不動のセンター”のあっちゃんが去りしAKB48を経験した篠田さんにとっては、

どんな感慨の旅だったんでしょうか!?!?

 

AKB48在籍時に常に“神7”の上位でありファッションリーダーと呼ばれたマリコさま、

その彼女の旅が48グループのトレンドになることはおかしなことではないでしょう。

 

今回の旅では、

無料の画像共有アプリ『Instagram』のその道中の写真を公開しています!!!

『Instagram』はFacebook もしくは Twitter、あるいはその両方での共有も可能なサービス。

気になる方は是非検索して見てみてください(^_^)

篠田麻里子 「Instagram」 イビサ島

 

さらに大島優子さんも「イビサ」を訪れています!!!!!

 

元AKB48メンバーでイビサ島を訪問したのはマリコさまだけではないのです。

優子ちゃんは今年2014年6月9日を以てAKB48から卒業したわけですが、

AKB48卒業後の活動に写真集出版がありその舞台は“イビサ島”!!!!!

 

優子ちゃんも『Instagram』を利用しており、

写真集のために訪れたイビサ島でのオフショットを公開しています。

こちらもFacebook や Twitterで見ることができますよ)^o^(

大島優子 「Instagram」 イビサ島

とはいえ、

NMB48配信限定曲、篠田麻里子さん、大島優子さん、

これらに「イビサ」がことごとく関連しているのは本当に偶然の一致でしょうか!?!?!?

 

そう… 気になるのは、

秋元康はどのように48グループの「イビサ」ブームに絡んでいるのか ? です!!!

秋元康 出演

 

NMB48配信限定曲『イビサガール』が『NMB48リクエストアワー セットリストベスト50 2014』で初披露されたのは2014年5月22日

マリコさまがイビサ島を再訪したのはだいたい2014年6月

優子ちゃんのイビサ島訪問は2014年7月

 

2014年に入り立続けに「イビサ」関連の事象があり、それらは1か月ごとに!!!

やはりAKB48総合プロデューサーである秋元康氏の企画でしょうか????

 

筆者は少し違うと思います!!!

 

確かに、

NMB48の配信限定曲『イビサガール』は秋元康氏が全面的に関係しているでしょう!!!

AKB48をはじめとした48グループはAKB48総合プロデューサーである秋元康氏が創始したもので、

48グループの楽曲はすべて元来より作詞家でもある秋元康氏が一貫して作詞をしてきました。

当然のことながら、

『イビサガール』も秋元康が作詞 および プロデュースに名を連ねています!!!

 

『イビサガール』に関しては秋元康氏の絡みは絶対的。

でも、マリコさまの再訪 と 優子ちゃんの訪問 は違うのではと筆者は考えます!!!

 

マリコさまにしろ優子ちゃんにしろ、秋元康氏と関係がないわけではありません。

かつてAKB48に在籍したメンバーなのですから。

とはいえ、

マリコさまは昨年2013年7月22日に卒業し、優子ちゃんは今年2014年6月9日を以て卒業。

既に秋元康氏の手を離れた状態であり、2人のAKB48卒業以後の活動に秋元康氏が絡むというのは正直考えにくいものです。

 

まぁ、

「イビサ」の魅力を満喫したマリコさま と 優子ちゃん との間に何らかの“横のつながり”があるならば、それは分からないですが…

 

 

しかし、

立続けに「イビサ」関連の事象があることには何かあるのかもしれません!!!

 

AKB48総合プロデューサーである秋元康氏は著書『企画脳』(PHP文庫)でこう語っています。

秋元康

 

発想や企画のヒントは、日常の中に転がっていて、それを「記憶する」ところからはじまる。

その「記憶」はアットランダムに並んでいて、たとえば詞を書く、あるいは映画をつくる、小説を書くといったときなどに、何を引き出してくるか、何と何を結びつけるか、ということなのだ。

発想や企画というと、白紙の状態からウンウン唸るような感じがするが、じつはそうではなくて、自分が面白いと思ったことを思い出す、あるいは「記憶」に引っ掛かっていたことを拾い上げるという行為なのである。

 

何の脈絡もないという方もおられるでしょうが、

上記の秋元康氏著書での言葉にポイントはあるかと考えます!!!

 

イビサ島が独特なダンスミュージックの文化 および クラブシーンにより注目を浴びたのは1980年代終盤。

秋元康がプロデュースし話題になった女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」が世を席巻したのも1980年代終わり。

符合するものがあると感ずるのは筆者だけなのでしょうか!?!?

さらに言えば、

作詞家としての秋元康氏の名を不動のものにした、“昭和歌謡界の女王”美空ひばりさんの楽曲『川の流れのように』が初めて発売されたのも1989年1月11日。

イビサ島 クラブおニャン子クラブ『川の流れのように』

 

著書『企画脳』のなかで自分が面白いと思ったことを思い出す、あるいは「記憶」に引っ掛かっていたことを拾い上げるとしていますが、

自身のヒット作が多数世に出た1980年代終盤に「自分が面白いと思ったこと」あるいは「引っ掛かっていたことを拾い上げる『記憶」』」が、

48グループで流行っている事象の「イビサ」だということかもしれません!!!!!

 

まぁ、真相はわからないですが。

 

 

今後この48グループの「イビサ」ブームはどの程度続くのでしょうか!?!?

その時はどのような楽曲 や 企画が生まれ、48グループの誰がフィーチャーされたりするのでしょうか!?!?

まだまだAKB48をはじめとした48グループの活躍が楽しみですね。

こちらの記事もどうぞ!

-AKB48

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.