気になるにゅーす

KICK THE CAN CREW再び!! 11年ぶりの活動

投稿日:

こんにちは。

読者のみなさんは音楽に対してはどのような親しみを持っていますか??

 

 

日本では西洋やなどに負けず劣らずで多くの音楽家・アーティストが活躍し、

同時に外国の音楽家・アーティストも日本を活動の拠点としたりしていいます。

AKB48 アルバム『1830m』TAK MATSUMOTO  グラミー賞

Paul McCartneyフジ子・ヘミング

 

ところで、

この記事を読んでいただいてるあなたはどの年齢層でしょう!?!?

10代の青少年!? 20・30代の若年層!? 40・50代の壮年!?…

スポンサードリンク

筆者が青少年のときにはHIP HOPが非常に流行していました。

思い浮かばのは、エミネム(Eminem)、チンギー(Chingy)など。日本では、ケツメイシ、RIP SLYME…

Eminem 『Lose Yourself』RIP SLYME

あと…

 

そう!! KICK THE CAN CREWです!!!

 

KICK THE CAN CREW

 

このグループを忘れちゃいけません!!!!

かつて一世風靡したと言ってもおかしくないほど人気のHIP HOPグループで、日本の音楽シーンにHIP HOPを浸透させた一人者。

 

KICK THE CAN CREWは、

KREVA、MCU、LITTLEの3人構成のHIPHOPグループ。

2001年にシングル「スーパーオリジナル」でメジャーデビューを果たし、

代表曲には山下達郎の『クリスマス・イブ」』をHIP HOPカバーした『クリスマス・イブRap』『マルシェ』『地球ブルース~337~/DJDJ [for RADIO』『パンク寸前のFUNK』など。

上記の『マルシェ』ではNHK紅白歌合戦にも選ばれています。

 

とはいえ、

2004年1月発売のアルバム『GOOD MUSIC』ディスコグラフィー上最後の作品とし、

2004年6月のライブ「KICK THE CAN CREW LIVE 旅人~STEP IN THE DAY~」で活動休止したのです。

 

『マルシェ』ご存じじゃないですか??

「上がってんの~? 下がってんの~? 皆はっきり言っとけ!(上がってる!)」って…

きっとどこかで聴いたことあるはずです!!

 

 

そんなKICK THE CAN CREWが活動を行います!!!!!

 

2014年8月2日、3日、9日、10日の4日間にわたって、

国営ひたち海浜公園にて開催される日本最大の野外ロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014 Supported by BOSE」に、

そのKICK THE CAN CREWの名前が出演者としてクレジットされていると明示されました。

KICK THE CAN CREW 2014

 

KICK THE CAN CREWは、

2004年の活動休止以後、3人ともそれぞれソロ活動を展開していました。

現在とくに表立って活躍を見せているのはKREVAで、2014年6月18日(水)でソロデビュー10周年を迎えます。

そのソロデビュー10周年のその日にはベストアルバム『KX』(ケイテン)を発売するそう。

また、あわせて全国ツアー「KREVAライブハウスツアー2014『K10』」をスタートするという精力的な活動を展開するそう。

KREVA

そのKREVAがソロ活動においてKICK THE CAN CREWの楽曲を披露することはありました。

しかし、今度はKICK THE CAN CREWそのものとして活動。

 

 

どうなるんでしょう!?

楽しみです。

 

ちなみに、

KICK THE CAN CREWって3人です!! と言いたいですが、

公式的に、3MC および 1DJです!!

つまりは、影にもう一人いるんですよ!!!

DJ SHUHOという方なんですが………

彼もいちおうメンバーでKICK THE CAN CREWを語る上では外せないメンバーです。

ご存知でした!?!?

 

 

そして、

KREVAさんについて、インターネット、例えばYahoo!JAPANで、

「KREVA」や「KICK THE CAN CREW KREVA」とのキーワードで検索をかけると、その横に「創価学会」「宗教」と表示が出たりします

創価学会 シンボルマーク

これについてですが、

以前TVもしくはインターネットでのCMにKREVAさんが出演した際、何か新興宗教じみた書籍やリーフレットを手に紹介を行っていたことがあったそう

 

噂によると、

「Arthur S. DeMoss Foundation」というアメリカのフロリダ州を拠点とし活動している財団に関するものだそうです。

この団体は財団でありながらキリスト教の右派の特色を持つ宗教団体です。

さらに、KREVAさんが手にしていた本は、

Power For Living(パワー・フォー・リビング)』と言われるものでこの宗教団体が流布の目的で無料配布している書籍。

POWER FOR LIVINGPower for Living

KREVAさんがこの宗教団体に関わりをもっているのか、それとも 音楽的にインスパイアされるものがあり紹介しただけなのか、

それは不明です。

ただ、創価学会という日本で大きな宗教団体に絡んでいるのではなさそうです…

 

 

話が逸れましたが、

KICK THE CAN CREWのパフォーマンスを楽しみに待ちましょう!!

 

 

こちらの記事もどうぞ!

-気になるにゅーす

Copyright© みなるニュース , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.