AKB48

野中美郷 AKB卒業を発表!! 組閣決定に異議で残留のはずが…

更新日:

先日2014年2月24日に≪AKB48 大組閣祭り≫が開催されましたね。

大きな衝撃とどよめきに包まれた3度目組閣…

AKB48  高橋みなみ AKB48大組閣祭り

 

乃木坂46生駒里奈SKE48松井玲奈をそれぞれ兼任させる「交換留学生」システム。

「副キャプテン」という新設ポスト。

その他全く別の48グループへの移籍、海外移籍とその解除 と多くのドラマがありました。

 

しかし、同じようにその衝撃に“異議申し立て”がなされるという後日談のドラマもありました。

菊地あやか、岩田華怜 など国内48グループの6名が組閣決定に“異議申し立て”をし認められることで、組閣前のチームに残留となったもの。

菊地あやか 公式岩田華怜 公式

 

その更なる後日談というべき衝撃が!!!!

野中美郷が2014年2月28日、AKB48からの卒業を電撃的に発表しました!!!!!!

野中美郷 卒業

これは、スマートフォン専用TV「NOTTV」内のAKB48コンテンツ『AKB48のあんた、誰?』にて発表されたもの。

AKB48の公式サイトでも卒業予定報告がされています。

卒業時期は未定とのこと。

スポンサードリンク

「AKB48のあんた、誰?」

上記の“異議申し立て”による旧チーム残留の6名のなかにみちゃ(=野中美郷)はいました。

チーム異動の決定に対して異議を唱えていたからには卒業はもっと先だろう、とてっきり思ったファンも多いかと思います…

筆者もその一人ですが。

 

先ずここで、簡素にではありますが、みちゃのプロフィールを!!!

野中美郷

野中美郷 公式みちゃ

名前:野中美郷(のなか みさと)

ニックネーム:みい、みちゃ

合格期:6期生

2008年3月に加入。2010年昇格後より旧チームKメンバーとして活動し、2012年の2度目組閣よりチームB在籍。

2012年4月から開始のAKB48全国ツアーに≪野中美郷、動く。~47都道府県で会いましょう~≫と自身の名前がタイトル化したことで、一躍有名になりました。

(メンバーの名前を冠したコンサートは中止も含め過去にあったのですが)

それもあって、ある一時は「AKB48総合プロデューサーである秋元康氏に推されてるんじゃないか?」とも言われたほど。

6期生なんですよね!!

要するには、2度目組閣でJKT48(インドネシア・ジャカルタの48グループ)に渡った高城亜樹と同期なわけです。

ちなんで説明をいたしますと、

「不作の6期生」とも言われ、オーディション合格者がたったの4名、セレクション審査(研究生対象の抜き打ちテスト)合格者が野中と高城の2名、

というある意味少し険しさのある合格期のメンバーであり、稀有の存在と言ってもいいかもしれません。

高城亜樹

(「不作の6期生」ですが、7期生の松井咲子や9期生の中村麻里子もオーディションに参加しています。)

 

そんな みちゃですが、今回の卒業発表に関して、

「卒業することは少し前から考えていた事で秋元先生やマネージャーさんに相談はしていました。今回の組閣の事で卒業を決めたわけではありませんが、結果として、突然の発表によりファンのみなさんを驚かせることになってしまいました。ごめんなさい。」とコメント。

また、上記のスマートフォンTV『AKB48のあんた、誰?』のなかで電撃発表した理由について、

「実は今日で72回目という最多出演回数で大変お世話になり、また自分自身にとってもすごく思い入れのある番組である『AKB48のあんた、誰?』で自分の口から発表できる機会をいただけて嬉しかったです。」と説明しています。

まぁ、まさに文字通り「あんた、誰?」のトレンドを巻き起こしたわけなんですが…

 

同期で盟友とも言える、あきちゃ(=高城亜樹)ですが、

「6期生が一人になるのは寂しいけれど、みちゃの分も受け継いで頑張っていきたい。」と前向きに語っっています。

「(卒業は)聞いていなかったので、直接会って話がしたい。」と驚きを隠せない面も覗かせています。

 

 

みちゃが残留希望ということで組閣決定に“異議申し立て”を行った理由は分かりました。

卒業まで自分がパフォーマンスに熱を入れたステージを離れたくない、という思いからかもしれません。

 

ただ、一つ心配なこと!!!! みちゃの卒業を後追いしての他メンバーの卒業です。

みちゃの残留希望が卒業を見据えてのことだったわけなので、他メンバーの残留希望と“異議申し立て”も「もしかしたら」と気になりますよね…

いま現在AKB48は古株、中堅メンバーの卒業が立て続けに起こっている状態ですし…

 

 

しかしながら、AKB48は「夢のショーケース」

「AKB48は一つの通過点で夢を実現させるステップ」という認識の場所です。

いまやAKB48はアイドルグループとしてブランドになっており8期生から顕著になっていますが、

7期生までは夢の実現や夢の発見のための布石なわけです。

ある意味卒業は、仕方ないっちゃ仕方ない出来事です…

 

 

みちゃという貴重な存在のメンバーが卒業してしまい、残念がるファンもおられることでしょう。

いずれにしても、今後の“野中美郷”の活躍に大いに期待したいところです。

こちらの記事もどうぞ!

-AKB48

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.