嵐にしやがれ

嵐にしやがれ ワンカラの実態と幻の名店調査!

更新日:

「嵐の知らない世論調査」のコーナーからスタート。今日は「ワンカラ」に通っている人たち。

ワンカラって?知りませんでした・・・

スポンサードリンク

ワンカラの実態?繊細な人の行く場所

ワンカラとは1人でカラオケができる場所。「一人カラオケ」とちょっと違うのが、1人専用のカラオケということ。2011年に流行り出したらしい。みなさん、知ってましたか?

wankara1 wankara2

こんな風に、ブースのような狭い空間で、レコーディングもできてCDも作れるんだとか。

まさに歌うためだけの空間!

カラオケに行くための練習だったり、友達と行って、それぞれの個室で練習し、そのあと二人でカラオケに行くとか、スタイルは様々。

大勢でカラオケに行くと、確かにしらけない選曲だったり、その場の空気みたいなものをよんだりしないといけないが、そういう気遣いは一人ならいらない。

自分の世界で歌えるカラオケ!かなり行ってみたくなりました(笑)

嵐なりにたどりついたワンカラに行く人の法則は

「自分を表現したいけど、繊細」でした。

たしかにそうですけど、「気兼ねなく楽しみたい。歌いたい」んじゃないでしょうか。

同じ曲を何回も練習できるし、サビだけ歌ってもいい。場がしらけそうなバラードだってたくさん歌える。みんながひきそうな激しい曲も歌える(笑)

いいですね、はやく都会だけじゃなくて、浸透してほしいです!

ミシュランお断り?クドイ幻の名店に潜入!

「東京いい店クドイ店」今回は珍しくスタジオにてオープニング。

京料理「壬生」はなんと完全会員制。メモがとりたくなる?というか、嵐は強制的にとらされていましたが(笑)銀座にあるクドイ名店です。

mibu3

 

耳で知り、目で楽しみ、舌で味わう。日本人が忘れてしまった日本を学ぶ日本の和食。

若い人たちの食育のために、嵐を呼んだのだとか。

そんな壬生の女将の講座は日本の祭事から始まりましたね。

豆まきに初午、そして涅槃。豆まきくらいしか、知りません(笑)だめですね・・・

料理のテーマは「舞楽」

初午になぞられた一品、「きり寿司」を嵐のみんな、狐のお面をかぶって「ありゃりゃこりゃりゃ」と掛け声をしてから食べていました。初めてみる光景です(笑)

しかも懐石料理には濡箸なんですね。

そして料理を出すのはリーダーから。ニノが「リーダーはあだな」と暴露(笑)

ねはんもちの「ブッタの手」、「フグの白子焼き」、「レンコンと大納言小豆の煮もの」、「本マスとふきのとうのてんぷら」、「鰆と牡丹エビのお刺身」と料理が続きます。

その間にも女将、リーダーが好きすぎて仕方ない模様(笑)あーん、と食べさせる始末。

しかもニノにも触りまくり・・・終始、ニノとリーダーの横をがっちりキープしてました(笑)

出し汁の取り方や加減酢の作り方など、まるで料理番組のよう!でもちゃっかりメモりました(笑)

デザートは「だいだいのシャーベットとミカン」で最後のシメ。

こうして季節を知り、季節を食べる壬生のご主人、日本料理の中でいろんなことを試みて進化を目指すと熱弁するも、女将が「もうお父さんクドイから」とバッサリ!(笑)

おみやにマグロ節を嵐全員に持たせて、終了したのでした。

mibu2 mibu1

コワモテ卒業?次週は歌舞伎界のサラブレット登場

次週は歌舞伎界から市川海老蔵さんの登場です☆

やりすぎな私生活が明らかになる?お楽しみに♪

ebizo

 

 

こちらの記事もどうぞ!

-嵐にしやがれ

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.