最高の離婚 気になるドラマ

最高の離婚第3話感想 「一番最初に思い出すひとたち」に号泣

更新日:

「最高の離婚」第3話 あらすじのあらすじ

濱崎光生(瑛太)は、かつての恋人・上原灯里(真木よう子)から、光生との間にはいい思い出なんかひとつもない、と言われ、呆然となる。灯里の夫・諒(綾野剛)が浮気をしていることを知った光生が、彼女の家を訪れてその話を切り出した際の出来事だった。

今回、強烈な台詞が心に突き刺さりました。

まるでボディーブローを打たれながら、紙パックの牛乳を一気飲みさせられているかのようなレベルです。(要するにツラい)

スポンサードリンク

普通の家族

「あたしはもっと、もっとっていうか、あなたはバカにするけど、あたしはただ、あたしはただ、別に普通の家族になりたかっただけで…」
「普通の家族って何だよ」
「一番最初に思い出す人だよ。一番最初に思い出す人たちが集まっているのが家族だよ。一応さあ、わかんないけど、わかんないけどさあ。この人のこと好きだなあって思って結婚したんだし」

泣きました。うんうんうんって頷きながら泣きました。ドラマってわかってるのに、汚い野郎の涙は止まりませんでした

家族とは
出典:http://kids.wanpug.com/

考えてみてください、家族のありかた

やっぱり僕は「記憶」にあると思うんです。このドラマを見て、感化されたところもありますが、普通の家族にこそ特別な関係があるんだなって。

そりゃあ当たり前なことだなんて思うかもしれません。たとえば親子でいうと血のつながりは一般的にあるんだし、法律的にもそうです。

それが特別なのは、家族の本質が、特に「記憶」でつながっているということだからだと思います

よく、「離れていても家族だ」なんて台詞、聞いたことないですか。今の時代、スマートフォンだなんだで、距離なんて全く関係なく誰ともつながることができる時代です。

携帯のCMなんかでこの台詞を聞くと、安っぽいなーなんて思いますけど、じっさいは、その「記憶」が基礎となって、家族のそれぞれを結び付けている。電話なんて伝えるためのものです。もちろんそれも、大事です。

でも、「離れていても恋人だ」って言っても、すぐに忘れられてしまうのは僕だけでしょうか? 笑

少し理屈っぽくなってごめんなさいでした。

第3話を見逃した方はこちらから

第3話 「もう一つの夫婦の秘密と真実」 

第4話はこちら
第2話はこちら

動画が見れない場合はこちら

こちらの記事もどうぞ!

-最高の離婚, 気になるドラマ

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.