AKB48

AKB岩田華怜、大叔父は原田大二郎? 激変画像あり!

更新日:

現在、

“世代交代”が叫ばれることで新しいメンバーの台頭が久しいAKB48

その中に、岩田華怜ちゃん というメンバーがいるのをご存じですか????

岩田華怜 公式写真岩田華怜ちゃん

 

彼女のプロフィールはこちら。

岩田華怜

岩田華怜 公式写真(2013年)

名前:岩田 華怜(いわた かれん)

ニックネーム:カレン

合格期:12期生

2011年に加入。研究生を経て旧チーム4メンバーとして活動、その後2012年の組閣後より現チームAに在籍。

昇格後早くよりAKB48のシングル曲やそのカップリング曲に参加。

宮城県出身で2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の直接的な被災者であり、

その経験からNHK総合が制作・放送の『明日へ1min「カレンの復興カレンダー」』 でナビゲーターを務めるなどしています。

スポンサードリンク

第12期生だから、田野優花ちゃん武藤十夢ちゃんと同じ合格期のメンバーですね。

また、NHK総合の被災者を支援するための番組にも出演しているので、「知ってる!」という方もおられるかもしれません。

 

 

その岩田華怜ちゃん、2014年1月31日夜に交流サイト・Google+を更新し、

大叔父の俳優 かつ 大学教授である原田大二郎さんについて触れました!!!!

 

そこでは、

「大叔父の原田大二郎さんが、公演を観に来てくださいました!!」と報告。「私も久しぶりにお会いしたのですが、元気そうで何よりでした!笑」と続け、ともにピースサインをする2ショットを投稿しています。

岩田華怜  原田大二郎

華怜ちゃんは2013年1月、同サイト・Google+「大さんは私の父のほうのおばあちゃんの弟さんですわww」原田大二郎さんが親戚であることを告白して話題となりましたね。

このことをあまり知らなかったファン、真偽を疑っていたファンから大きな驚きの反応が寄せられました。

「大叔父だったとは」

「すげー?本物や!ガセネタじゃなかったのね。」

「Gメン’75見てたからなぁ・・・・つっても、かれんにはわからんか?」 etc.

 

 

原田大二郎さんをご存じな方は多いのではないでしょうか??

 

原田大二郎さんと言えば、1970ごろ以降数々のTVドラマや映画、バラエティ番組を飾ってきた大物俳優ですね。

映画『裸の十九才』での主役デビューを皮切りに、映画『蒲田行進曲』『敦煌』に出演。爽やかで精悍な姿を印象付けていますね。

むかし大人気ドラマだった『太陽にほえろ!』『特捜最前線』『銭形平次』『遠山の金さん』などにも出演されているんですよ!!

また、舞台は『アンナ・カレーニナ』に始まり、『ジュリアス・シーザー』『十二夜』など出演。また、舞台演出家・蜷川幸雄さんの作品にも多く出演を重ねており『にごり江』『王女メディア』『マクベス』『夏の夜の夢』などでも高い評価を得ています。

また、声優のお仕事にもチャレンジし、宮崎駿監督のアニメーション映画『ハウルの動く城』(2004年公開)でも話題となりました。

 

とはいえ、

やはり“原田大二郎”といえば、1975年放送のTVドラマ『Gメン'75』関屋一郎警部補が有名ですよね!!!!

Gメン'75①Gメン'75②関屋一郎

当時は爆発的な大ヒットだったようです。今で言うなら『半沢直樹』や『相棒』のようなものでしょうか。

半沢直樹相棒season12

 

 

ワイドショーなどバラエティ番組では、人の心を掴んで話さないトークを披露し、老若男女から親しまれるキャラクターでした。

 

 

 

そんな原田大二郎さん…

久々にお茶の間に姿を見せてくれました!!!!

 

2014年2月4日放送の「解決!ナイナイアンサー」、

「俳優・原田大二郎の30年にも亘る父子の確執とは!?『親である資格があるのか…』苦悩を心屋仁之助が涙の救済」とのSP番組でのことです。

 

 

しかし、そこでは以前とは大きく様変わりした風貌の原田さんがいらっしゃいました。

•ÒW•”

 

番組内容は、

先天的な大病、それに伴う発達障害をかかえる息子・虎太郎さん(現30歳代後半)の子育てへの葛藤、虎太郎さんの学生時代のいじめ や それによる親子関係の断裂 に関してでした。

 

 

以下に、簡単に番組内容をまとめます。

 

原田さんが人気沸騰中のころ、虎太郎さんが長男として誕生。

せっかくの幸せもつかの間、虎太郎さんに病気が発覚。

 

「ヒルシュスプルング病」…

大腸の蠕動運動を起こす神経節細胞が欠如しているため蠕動運動が起こらず、慢性的に便秘が発生し大腸が膨張してしまうという先天的な大疾患。

腸炎が起こったり、飲食による栄養摂取が困難であるため、他の病気や発達障害、精神障害も併発しやすいとのこと。 死亡率も非常に高い。

 

ヒルシュスプルング病とともに発達障害をもった虎太郎さんを待っていたのは“いじめ”。

直接的に暴力をふるわれたり悪口を浴びせられたりの毎日。虎太郞さんのノートに酷い言葉があり、学校や学習塾で“いじめ”が横行していると原田夫妻が認識。

原田さんは、虎太郎さんの友達への警告、学校の担任教員や学習塾講師への対策喚起 などを訴求。

けれども、“いじめ”はおさまらず虎太郎さんはとうとう不登校 および 自分の殻の中へ。

 

その途中途中には、周囲との関係や“いじめ”を気にして普通の学校生活が遅れない虎太郎さん と 立派成長を願い叱咤激励をする原田さん との間に溝ができたとのこと。

そして、それを当該番組にて激白し、虎太郎さんに胸内の想いを伝える 。

 

こうした内容でした。

原田大二郎さんのTVやその他メディアでの活躍の裏に、こんな背景・原田さんの大変な苦労があるとは知りませんでした。

 

今までインターネット、例えばYahoo!JAPANで、 「原田大二郎」とのキーワードで検索する際、

その横に「息子 病気」とか「アスペルガー」「自閉症」などのワードが出ることがありました。

しかしながら、今回のTV番組の放送を見る限り、

上記の検索キーワードの病気ではないですし、インターネット特有の噂話のようです

 

「医師の勧め通り、虎太郎さんの入学を遅延させるべきか」「いじめ対策の喚起が裏目に出るかも」「虎太郎さんへの叱咤激励が厳しすぎたのでは」

何よりも、虎太郎さんの学校生活に心を砕き、それでもなお苦悩しつづける原田さんの想いが印象的でした。

一般的に「子育ては難しい」と言いますが、これが子育ての実像の片鱗かもしれません…

 

2010年7月第22回参議院議員通常選挙の山口県選挙区から立候補したときには、

「息子は、発達障害を持っていて、いじめにあいました。いじめの撲滅に力を注いできました。相手の痛みを、少しも考えようとしないのです。子供たちに思いやりの心を持たせる教育が必要です。 」と語っておられました。

原田大二郎  2010年参議院議員選挙

今回の番組を見ると、虎太郎さんの子育ての経験がそう言わせたんだ!と納得できるように思います。

 

筆者は子育てに1度も携わったことがなく実感が湧かないのですが、

読者のみなさんはどうお考えになられたのでしょう??

 

 

 

 

今回、

AKB48の岩田華怜ちゃん と 原田大二郎さん の意外な芸能人同士のつながり、その芸能人の知られざる過去と苦悩 についてお届けしました。

他にも芸能人同士のつながりが様々あるかもしれませんし、隠されたエピソードがあるかもしれません。

それらに目を向けることで芸能人を紐解くのも面白いかと思います。

こちらの記事もどうぞ!

-AKB48

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.