なぞの転校生 気になるドラマ

本郷奏多(山沢典夫)平行世界から来た?「ロケ地」と「あらすじ」

更新日:

なぞの転校生第三話皆さんはご覧になられましたか?

とうとうストーリーが動き始めましたね…。
謎の転校生本郷奏多(山沢典夫)がモノリスを使って
無理やり転校してきちゃったんですw

モノリス

それにしてもモノリスってとても便利ですよね!

そもそもモノリスとはいったい何なのか…

少しwikiで調べてみました!

モノリスとはSF作品『2001年宇宙の旅』シリーズに登場する、石柱状の謎の物体。
ただし、モノリスの元の言葉、英語の一般名詞 monolith は、「ひとつの、または孤立した岩」という意味のギリシャ語から派生したラテン語に由来する普通名詞であり、石柱、記念碑、オベリスク等の人工物、およびウルル(エアーズロック)、ストーン・マウンテン等の巨石を指す。

ん~
よくわかりませんが
一般的なモノリスのイメージってちょっと大きくて
黒いものなんでしょうか??

エヴァンゲリオンに出てくるようなものですね!

サウンドオンリー

ちなみに
謎の転校生のロケ地について情報を調べてみました!

スポンサードリンク

どうやらロケ地は佐野市というところのようです!
そんな佐野市には佐野丸というゆるきゃらもいるようで…。
なぞの転校生とかかわってくることはないですが…。
ちょっとかわいいです。

さのまる

ストーリーの中でだんだんと判明する山沢典夫(本郷奏多)の正体

世界は幾重にも重なる平行世界として存在しており
その世界は関連性はあるのだが
完全に同じではない。

パラレルワールド

少し難しいですね!
パラレルワールドともいうそうです!

パラレルワールドとは??

「この現実とは別に、もう1つの現実が存在する」というアイディアは、「もしもこうだったらどうなっていたのか」という考察を作品の形にする上で都合がよく、パラレルワールドはSFにおいてポピュラーなアイディアとなっている[1]。
作家の野阿梓は、架空戦記、歴史改変SF作品に見られるような、「もう1つの歴史」を扱う作品と、現実とは異なる次元を扱うパラレルワールドは、SFにおいてはほとんど同じようなものとして扱われてきたとする。その理由として、二つのジャンルは共に「あり得るかもしれない世界」を描くことを目指しており、それがSF作家の「究極の夢」だからだと主張する。[1]。また、ファンタジー小説のなかにも現実を含んだ世界で仮説を述べるというパラレルワールドを扱った小説が登場してきており、認知心理学者の下條信輔は、ファンタジーの基本枠組みそのものとしてパラレルワールドという概念が受容されていると述べている[2]。

その破滅したパラレルワールドから脱出し
何かの目的で事前に世界の下見をする転校生の正体はいまだわからないままですが…
これから彼が潜入の目的で生活を送る学校の中で
少しずつ明らかになっていきます。

第三話のあらすじは…

岩田広一(中村蒼)と香川みどり(桜井美南)のクラスに山沢典夫(本郷奏多)が転校生として紹介され、昨日典夫に高校の存在を教えたばかりだった広一は驚く。
早速物理の授業で専門的な発言をする典夫だったが、次第に話はなぞめき出し…。その後、授業が始まっても教室に現れない典夫はなぜか理事長室に。親しげに寺岡理事長(斉木しげる)と会話する典夫だったが、理事長から衝撃的な事実を聞かされ絶句してしまう。

公式ページではこのような形だったのですが…
今回の見せ場は何と言っても
香川みどり(桜井美南)と山沢典夫(本郷奏多)の急接近恋愛フラグです!

なぞの転校生の恋愛

そして岩田広一もこれにはなんだか…

高校生の恋愛三角関係の今後に目が離せません!

だんだんSFの要素が見え始めましたね!
何と言ってもSF研究会の部長ムー君と
山沢の熱いSFトークのワンシーンも
今後彼らの友情が深まるのだろうなと思えるほど
白熱したものになっていました

いったい転校生山沢典夫の真の目的はなんなのか?
これからどのような動きを見せていくのか?
今後のムー君との絡みに期待です!

第三話を見逃した方はこちらから

第3話 崩壊した世界からの使者

第四話はこちら
第二話に戻る場合はこちら♪

動画が見れない場合はこちら

こちらの記事もどうぞ!

-なぞの転校生, 気になるドラマ

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.