男性芸能人

さぶちゃん 紅白歌合戦引退? 選曲は まつり?

更新日:

師走となると、

色々な音楽の祭典がひしめき合いますね。

皆さんは、NHK紅白歌合戦はご覧になりますか!?

NHKは、今年の「第64回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が歌う曲目を発表しました。


 

北島三郎がとうとう紅白歌合戦引退!!!!!

なかでも、

50回目の出場となる北島三郎さんは「まつり」が曲目となりました。

また、

「第64回NHK紅白歌合戦」での引退も表明!!!!!

5日にNHK紅白歌合の引退を発表した会見では、

「魂のある歌を歌いたい。最後は『まつり』にしてもらえないかな。皆さんにありがとうという気持ちを伝える紅白をやりたいね」と語り、

盛大に飾りたい意向としていました。

スポンサードリンク

今年の紅白大トリはさぶちゃんで決まりでしょうか!?!?!?

“最後”というだけあって大トリを務めるのは、

確実だろうとのインターネットでの意見。

 

今年は初出場歌手がちらほら見られる年のようです。

例えば、アメリカ人歌手クリス・ハートが松田聖子と共演することも注目されていますし、

東北出身の福田こうへいが「南部蝉しぐれ」というなんと演歌を引っ提げて初出場します。

また、

今年ヒットしたアニメ・進撃の巨人の主題歌「紅蓮の弓矢」も注目されています。

昨年の紅白歌合戦において、『ヨイトマケの唄』が大変に話題を呼んだ美輪明宏さんは、

77歳という史上最年長の御年齢で初出場を果たしました。

年輪を重ねているがこそ、人を惹きつけてやまない力を感じさせるパフォーマンスも見られました。

同じように、

今年は泉谷しげるが65歳で初出場となっています。

まだまだ年季のあるアーティストをたくさんいるのだなと思います。

 

しかし、

紅白歌合戦は若返りを秘策としての構成に!!!!!

NHKが紅白歌合戦の出場歌手を選定するうえで、

若返り・世代交代をキーワードとしているのは何も最近に始まったことではありません。

一昔前、二昔前の紅白歌合戦のごとく

演歌もしくは歌謡が多くを占めることはなくなっています。

今は、いわゆるJ-POP勢が多いわけですが、

ここには俗にいう視聴率の問題が絡んできます。

20年前、30年前から、

J-POPを視聴する若者に重点を置くか、はたまた演歌勢を多くし伝統的な流れとファンを守るか、

常にせめぎ合いでした。

近年では、

演歌歌手の出場が抑えられていることが顕著になった年もありました。

 

そうしたなかですから、

“サブちゃん”の紅白引退宣言はそうした時流になかにあるのかなと勘繰ってしまいます。

紅白にかぎらず、

若返りや世代交代がキーワードとなっているのは日本全体の現象と言えますが…

「老兵は去るのみ」との言葉で

老いの去就を表現した歴史上の人物もいますが、

老いてこそのパフォーマンスも是非注目したいものです。

紅白歌合戦もまだまだ年末の楽しみの一つですね!!!

こちらの記事もどうぞ!

-男性芸能人

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.