未分類

警視庁捜査一課9係、第6話。お金が人を狂わせた、その殺意と真相。

更新日:

警視庁捜査一課9係

株式会社 日本海底資源開発の本社ビル建設予定地で、”伝説の男”と呼ばれた元ファンドマネージャーの百武充(湯江健幸)の遺体が発見される。

第一発見者は近所の住人で誰もいない工事現場から携帯の着信が鳴ったことを不信に思い、近づくと遺体があったため通報したという。

致命傷となった傷は後頭部の打撲による脳挫傷だが打撲は頭だけではなく肩や腕にもあった。

また左手の甲に謎の「127」という数字‥。

スポンサードリンク

被害者の遺体近くに落ちていた携帯電話の着信記録には百武の妻・十和子(安座間美優)からのものと、ある携帯電話からのものがあり

その携帯電話の番号を調べると、とある新聞社の経済部記者・佐野実希子(野々すみ花)であることが分かった。

クリスタル証券社員から独立し推定100億もの資産を作って引退した、”伝説の男”とも呼ばれた百武が最近になって活動を再開したことを知り取材を申し込むために連絡をしたという。

小宮山(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は百武の自宅に向かった。

小林(山口良一)というコンシェルジュがいるマンションの1フロアで豪華な生活を送っていた百武は家政婦を雇い、十和子にも悠々気ままな暮らしをさせていた。

実際、百武が殺害された日も十和子はネイリストの弓恵と麻布にできた高級スパに行った後、食事をしただけと曖昧な供述をする。

また百武が遺体となって発見された日本海底資源開発の本社ビルの建設は3日前から中断されていたという。

今回の話は”証券会社”とか”ファンドマネージャー”だとか、その道に興味がある人でないと知り得ない業界用語がたくさん出て来て難しかったです。

しかも百武を殺害した犯人がコンシェルジュの小林だったことも意外すぎて驚きました。

百武は競馬好きで十和子との結婚記念日の数字でいつも馬券を買っていたけど買えない日もあって、何でもしてくれる小林に馬券の購入を頼んでいたようです。

ある日、その数字の馬券が破格で当たったことを知った百武が小林に事実を聞かされてカーッとなるのも仕方ないなと思いました。

でも1つ分かったことはお金は人を変えてしまうということ。人格そのものを変えてしまう、大きな恐ろしいものだということ。

そのお金が原因で殺害してしまうことは、もっと恐ろしいです。豪遊できるだけのお金があることは憧れたりするけど、私はそれだけで満足です。

 

こちらの記事もどうぞ!

-未分類

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.