女性芸能人

救命病棟24時第5話あらすじ。患者に訴えられる?!誰も知らなかった安藤の姿。

更新日:

救命病棟24時

小島楓(松嶋菜々子)はセンター長・杉吉(手塚とおる)に呼び出される。救急搬送された患者から気管挿管時に歯を折られたというクレームが来たのだ。

研修医の広瀬(風間俊介)が麻酔科医の安藤(児嶋一哉)を探すがどこにも姿がない。

楓は看護士長の桜庭睦子(安寿ミラ)と共にクレームをしてきた患者・岩渕達也(森下亮)に対面する。

岩渕はすでに弁護士に相談をしていて麻酔科医の安藤とだけ話すようにと言われていて、その日はなにも話せないまま帰ってしまう。

その安藤だが同じく救命救急センターで看護士として働いていて密かに交際中の彼女・中澤千秋(山田真歩)から

「医局長と話をしないと別れる」と言われてあまり気が乗らなかったが、医局長の元に話をするため向かったところにホットコールが鳴る。

サンバカーニバルの衣装を身につけた男女が押し寄せた。仲間が練習中に倒れたという。

”シウバ”という男性が運ばれるが言葉の通じない彼に医局員は困惑。どう接していいかも分からないでいた。

今回の話の中で安藤が中心的でした。クレームをしてきた男性は救急車で運ばれる前に喧嘩をして殴られた際に歯を折ったもので

折れた歯は楓の推測通り後から、救急車内で見つかったみたいですし。安藤が訴えられることもなければ病院側としてもいい結果だったと思います。

あと看護師の間では3大クレームと呼ばれるクレームをつけられてる安藤が、今回は一段とかっこ良く見えたり。

言葉の通じない異国の患者とも言葉の壁を越えて打ち解けられる安藤の”いいところ”を発見できた回でもありました。

次回はとうとう夏目衛の回ですね。夏目の裏の顔が明らかになるようです。

こちらの記事もどうぞ!

-女性芸能人

Copyright© みなるニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.