男性芸能人

半沢直樹、第6話。120億の不良債権回収と財政難のホテル再建!

更新日:

半沢直樹

半沢(堺雅人)は東京中央銀行本部 営業第二部次長に栄転し1年が経とうとしていた、ある日。

営業部部長の内藤(吉田鋼太郎)に呼び出され、大きな仕事を任される事になった。

老舗ホテル伊勢島ホテルの経営再建と近く行われる金融庁の”金融庁検査”への対応だ。

創業100年を越す伊勢島ホテルは代々一族が経営してきて父親の代からは経営不信に陥り、

スポンサードリンク

東京中央銀行が200億円もの融資をしたばかりだが資金の運用失敗により120億円もの損失が明るみに。

大阪西支店に在籍中、誰もが回収不可能と思っていた5億円もの不良債権を回収した半沢に頭取である中野渡(北大路欣也)が指名してきたという。

だが5億と120億では額が2桁も違うと自分には無理だという半沢に対して、頭取命令だからと背負わせるのだ。

京橋支店が担当していた伊勢島ホテルの担当に法人部の時枝(高橋洋)担当に抜擢されたが200億円もの融資を実行し120億円もの損失が明るみになった途端、

担当を外されると同時に名古屋に出向されることとなる。

伊勢島ホテルの元経理担当だった戸越(小林隆)は株の失敗で120億円の運用失敗の損失を隠すためといい、

東京中央銀行と伊勢島ホテルのサブバンクである白水銀行に内部告発をしたものの白水銀行は内部告発のおかげで運用失敗に気づき融資をしなくて済んだのに対し

東京中央銀行は内部告発があった事実自体をもみ消して専務である羽根(倍賞美津子)にリークしたのでは‥と半沢は疑い始めていた。

西大阪支店に在籍中もなかなか面白くて見応えがありましたが今回も120億円ともいう大金の不良債権の回収を任された半沢。

出演者も一層、豪華さを増して来てそれぞれに個性があって本当に今後が楽しみで仕方ありません。

1度の失敗で出向した近藤もタミヤ電機という会社で経理を任されているものの融資の獲得に苦戦し続けていましたが、

同期である半沢の言葉に勇気づけられて頑張っている姿が感動しました。

 

 

こちらの記事もどうぞ!

-男性芸能人

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.