男性芸能人

半沢直樹あらすじ!追う半沢、逃げる東田。彼を匿まう人物は一体?!

更新日:

半沢直樹

西大阪スチールの倒産により5億円もの莫大な不良債権を抱え込むことになった、東京中央銀行。

大阪西支店で融資課長を勤める半沢は濡れ衣を晴らすため、連鎖倒産した竹下金属の社長・竹下清彦(赤井英和)と共に東田の行方を探し始める。

スポンサードリンク

西大阪スチールで経理課課長をしていた波野(ラサール石井)から3年分の裏帳簿を回収していた半沢は、竹下に竹下金属の帳簿と照らし合わしてもらった。

そこで西大阪スチールから竹下金属への支払いが2億円多いことが判明。東田は水増しをしていて会社を立て直すことではなく、わざと潰すことで利益を得ようとしていたのだ。

半沢はこの事から3年がかりで着々と計画的に倒産をしたのではと「計画倒産」したことを突き止める。

さらに東田が東亜細亜リゾート開発への5千万円を振込をしていたことが発覚!同時にこのことを国税局までもが知る事になる。

海外に5千万もの投資物件を購入したことを知った半沢は東亜細亜リゾートへ向かうがすでに東田が裏で手回しをしていたため、確実な情報を得る事はできなかった。

そこへ半沢の元に竹下から1本の電話が入る。竹下と同じように連鎖倒産で被害に会った「淡路鋼材」の板橋社長。

彼もまた東田のことを恨んでいて自分も半沢に協力したいと申し出るが実は裏では、東田と手を組んで計画倒産に協力していたのだった。

5千万で購入した投資物件の正体はハワイのオアフ島にある別荘で板橋は東田への協力の見返りにと手にいれるはずだった。

しかし、それを半沢が同期の渡真利(及川光博)に連絡し差し押さえるよう手配してもらった。

これで5千万は回収…のはずが国税局の黒崎(片岡愛之助)にまんまと持っていかれてしまった。

東田に近づく度に追ってくる国税局。またそれを邪魔しようとする大阪西支店の支店長や上司たち…

半沢の”やられたら倍返し”という言葉に威圧感を感じ、堺雅人さんの演技に迫力を感じました。片岡愛之助さんの演技は少し不気味ですが…

早く、この続きが見たいです。今後の半沢にも期待が倍増ですね。

 

こちらの記事もどうぞ!

-男性芸能人

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.