女性芸能人

南沢奈央(立教大学生)の経歴が【名もなき毒・献血・サイエンスゼロ】と学者っぽい

更新日:

ドラマ「名もなき毒」に女優の南沢奈央さんが梶田梨子役で出演します。
今年、23歳でちょうど芸歴6年目を迎えていろいろなメディアに出ていますね。
埼玉県出身で身長は163センチで体重は非公開のようです。
やっぱり女性は自分の体重を隠したくなるものですよね。
公表していた体重をキープするのって年齢を追うごとに大変になってくるし
体質上ダイエットしてもリバウンドするタイプだったらキツいでしょう。

南沢奈央

順調にキャリアを積む南沢奈央

南沢奈央さんって経歴見てみると2006年にスカウトされてから芸能界デビューしてすぐに
テレビドラマ「恋する日曜日 ニュータイプ」で主演をとっているので
かなりの素質のある女優なんですね。

スポンサードリンク

それ以降はNTT東日本「DENPO115」でCMに初挑戦したり
漫画家庄司陽子さん原作の学園漫画作品の実写ドラマ「生徒諸君!」で
初めてのレギュラーを勝ち取ってとんとん拍子にキャリアをスタートしています。
朝日ソノラマ発刊の漫画雑誌ネムキで連載されていた「栞と紙魚子の怪奇事件簿」
で主演の栞を演じていたりしていたんですね。
私はこの作品はもともとの作画がかなり独特で不気味なので
実写は難しいのかなと思っていましたが意外に実写加されていたので驚きました。
この作品が南沢奈央さんにとって地上波での初主演だったようですね。

のちに「赤い糸」で映画初主演を飾ったり「赤い城 黒い砂」で初舞台を踏みます。
「赤坂BLITZ 寄席LIVE」で古典落語に挑戦するなどかなりチャレンジ精神の
すごい人ですね。若いうちにそういったものに親しむとはまた渋いです。

もともとは今所属している事務所から中学3年生の夏あたりにスカウトを
受けていたのだそうです。
でも、高校受験のために勉強も追い込みの時期でしたし
なによりも本人は人前で話したりすることが苦手だったとか
女優をやることについてはじめのうちは特にこれといって強烈に惹かれるものが
なかったというのもあって何回か断っていたのだそうです。

しかし、南沢奈央さんが高校に進んでから事務所のほうから
黒木メイサ主演の舞台「あずみ〜AZUMI RETURNS〜」に
招待してもらったの見に行って女優の仕事に興味を持つようになり
そこから芸能界でやっていこうと確信して今に至るのだそうです。

経歴が学者っぽい

立教大学現代心理学部に入っているのでそもそもが勉強が大好きな
学者肌っぽいところが合ったのではないでしょうか?
英検・漢検ともに2級ですし、もとは獣医になりたいとか婦警さんになりたかったという
小さいころの夢もあったんで真面目なタイプだったんですね。

そのイメージがあるおかげが「日本赤十字社 学生献血(GAKUKEN)」の
応援キャラクターとかNHKの「サイエンスZERO」などインテリな感じがします。
さて、今後はどのように成長していくのか楽しみですね。

南沢奈央

こちらの記事もどうぞ!

-女性芸能人

Copyright© みなるニュース , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.